ジャズドラマー木下恒治の日々の活動、ジャズやジャズドラミングの楽しく奥深い世界をお伝えしています。

menu

ジャズドラマー木下恒治のBlog

『風邪やいろいろな病気を予防するビタミンC(アスコルビン酸)の効果』

風邪は万病の元と言われますが、風邪をひく度に寿命が縮まるとも言われおり、風邪ぐらいとバカにならないですよね。
ネットからの転載ですが、ビタミンCの効果をまとめたものをシェアさせて頂きます。
ビタミンCの前駆物質のアスコルビン酸は薬局で安く売られていますので、ビタミンCの大量摂取にはアスコルビン酸の方が金額的にお得になります。
私も風邪かな?っと思った時、また、いざという時にはアスコルビン酸を大量に摂取します。
試してみて下さいね。
********************************************************************************
◆ビタミンCを、1000mg、夕食後に摂取した場合、多過ぎる分は単に排出されるのではなく、体に役立っているのです。
ビタミンC1000mgを食後すぐ摂取すると、胃で少し、小腸で500mg前後吸収されます。
そして、胃・小腸で吸収されなかったビタミンC、400mg~550mgは、大腸に行きます。
ビタミンCは大腸において、発がん物質の生成を抑えます。
また、有害物質の生成も抑え、大腸がん・その他の大腸の病気を防ぎます。
更に、乳酸菌などの良い菌を増加させ、悪い菌を抑えます。
ですから、1000mg摂ったから無駄とはなりません。
また、大腸の中で、ビタミンCは働いた後、腸内微生物によって、ビタミンCは分解されてしまいますから、大便にはほとんど含まれません。
サプリメントでのビタミンCの摂取量は、通常は1日トータルで2000mgが良いと言われています。
そして、ビタミンCは風邪に効果があるので、風邪をひいた時は、1日トータルで3000mgがよいと言われます。
ビタミンC、2000mgの場合、朝食後500mg、昼食後500mg、おやつ後500mg、夕食後500mgが望ましいと言われています。
しかし、ここまで、細かくビタミンCを摂ることは難しいですよね。朝食後1000mg、夕食後1000mgでも効果はきちんとあります。ただ、ビタミンCは水溶性ビタミンですので、体に役立つとはいえ、体内に長い間、とどまっていません。ですから、小まめに摂った方が理想的です。
ビタミンCは、1日2000mgの摂取でしたら、まったく過剰症の問題はありません。10000mg(10g)でも過剰症はないという学者もいます。私は20年以上、サプリメントでビタミンCを摂っていますが、2000mgが安心できます。
色々なサプリメントの本を読みましたが、1日、2000mgなら、過剰症の心配はまったくありません。
また、風邪の時はビタミンCを1日3000mg摂られる方は多いですよ。風邪をひいている間、3000mg摂取することで、過剰症にはなりません。
★ビタミンCには薬理作用があります。ビタミンが薬のように効くのです。
そのためには、最低でも、ビタミンC、1日1000mgは必要です。
空腹時ではビタミンCの吸収率は下がります。食後にビタミンCを摂られてください。
◆ビタミンCの働き(効果)
・抗酸化作用があり、活性酸素を退治する。
・コラーゲンの生成を促進。コラーゲンの網を強力にする。ビタミンCはコラーゲンの維持に不可欠です。
・細胞の老化を防ぐ。ビタミンCを摂らないと早く老化します。特に肌などは老化がよく分かります。ビタミンCは肌の老化も防ぎます。
・体の様々な器官の若さを保つ。
・メラニンの生成を抑える。メラニン色素を減らす。美白効果に欠かせない。
・タンパク質と共に、ビタミンCをとると、白く透明感のある素肌が作られ、保たれる。
・シミ、そばかすの改善。
・皮膚の老化を遅らせる。しわができることを遅らせる。
・心臓血管の中のコレステロール沈着を減らす。
・抗ストレスホルモンであるアドレナリンの生成をうながし、精神状態をおだやかに保つ。
・副腎を支えて強化し、ストレスに耐えられるようにする。
・寒さに強い体を作るように作用する。風邪にかかりにくい体質を作る。
・初期段階の風邪を治癒させる。
・インフルエンザの予防効果。
・ウイルス性疾患の予防・治療に有効。
・生理痛を緩和し、生理周期を正常に保つ。
・卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の生成に必要。
・胎児の器官や骨を作る上で必要。
・アルコール(酒・ビールなど)を飲んだときにできるアセトアルデヒドの分解をサポート。
・肩こり、疲労を改善する。
・様々なミネラルの吸収をサポートする。
・白血球の働きを助け、免疫力を高める。
・壊血病の予防。
・血管を弾力的で破れにくくする。
・皮膚や粘膜が強くなる。
・傷痕や手術のあとの治りがよくなる。
・骨に弾力性を与える。
・椎間板ヘルニアの予防、治りをよくする。
・がん予防、発がん物質であるニトロソアミンができることを防ぐ。
・ニトロソアミン以外の発がん性物質に作用し、防ぐ。
・糖尿病にかかった場合、インシュリンの作用効果を上げるように働く。
・白内障の予防。
・中性脂肪の代謝を活発にして、血管や細胞の中に、中性脂肪がたまることを防ぐように作用する。
・血圧を下げ、正常にする。
・体内から有害物質を排出するように作用する。
・脳の働きをよくし、頭の回転を速くする。
・血管性の頭痛、神経性の頭痛、心因性の頭痛、筋肉性の頭痛などの改善。
◆ビタミンAは過剰症があります。ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、肝臓などに蓄えられ、しばらく体外に排出されません。多く摂取するのは危険です。
4571199022099_L.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930